スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際免許

2009-02-21

先日、国際免許の手続きに行ってきました!

渡米中に免許の有効期間を超えてしまうので、まずは免許の期日前更新をしてから、国際免許の申請となります。
渡米中に免許が切れてしまうと、(その期間にもよるようですが)学科や実技の試験が必要になるようですいま受験しても、受かるはずありません!!
渡米される方はお忘れなく~

30分の講習のあと無事に免許の更新が済み、その後スムーズに国際免許をゲットすることができましたハッキリ言って、ショボイです。ただのボール紙で出来ています・・・
国際免許
(サインはもちろん私のものではありませんので、ご安心を~)

パスポート、運転免許証、写真さえあればOKです!
窓口のお姉さんに、「有効期間は1年間ですから、渡米されるギリギリに申請してくださいね~」と言われましたが・・・
イリノイ州では関係ないんです
だって、イリノイ州では3か月間しか国際免許で運転できないんですから~~

コレって変だと思いませんか?
「郷に入れば郷に従え」ってことなのかも知れませんが、じゃあ何のための有効期間なのか・・・

とどのつまり、私は3か月以内に英語の学科試験と実技試験に合格しなくちゃならないわけです
ありえません!!
スポンサーサイト

買いだめ

2009-02-13

買いだめ

シカゴ在住の方々からのアドバイスを参考に、いろんなモノを買いだめしてで送りました~

洗濯ネット:アメリカの洗濯機は強力すぎて、服やタオルが一気にいたむのが嫌な人は必須?
便座シート:ウォシュレットなんてもちろん?ないそうです。冷たい便座に座りたくない人は必須?
ボディタオル:ブラシやスポンジはあっても、長いもので背中をゴシゴシしたい人は必須?
歯ブラシ:もちろんアメリカでも売っていますが、ブラシ部分が2~3倍は大きいので、お口の小さい人は必須?

あとは洗濯物を干すピンチ付きの物干しが必須のようです。
私も遥か昔にホームステイしたとき、靴下が一回の乾燥で赤ちゃん用ぐらいになってしまい、履けなくなった経験があります・・・

洗濯機も、洋式トイレも、ほとんどの生活スタイルは、アメリカのものをマネして確立してきたはずなのに、日本の電化製品などはかゆい所に手が届いてる感じで、至れりつくせりですよね~
なんだか不思議な感じ・・・さらに便利に、快適にしようってアメリカ人は考えないのかな~?

コンビニからもデパ地下からも離れて、私は生きていけるのでしょうか?

いよいよ・・・

2009-01-30

ダンボール
きちゃいましたね~~
昨年、四月に引っ越ししたばかりなのに、またパッキングです

海外引っ越しの場合(船便だけ?)、重さは関係なく、立方メートルで料金が決まります。
我が家の場合、「4㎥でおよそ30万ですね~」とに言われましたが、「はあ?」「4㎥って、どんだけ~~」と心のなかで叫んでました(古い?)
なので、おおよそ4㎥分の段ボールを持って来てもらい、これに入りきらない分は「あきらめる!」という方針にしました。でも、思ったより少なめなので、追加になるかも知れません・・・

明日から根性でパッキングですっ



引っ越し見積もり

2009-01-29

今日は「船便」荷物の見積もりにが来てくれました。
と言っても、我が家のは引っ越しはすべて自費なので、「航空便」なんてありえません
「船」で50~60日かかるか、自分たちで「かつぐ」かなので、荷物の仕分けに頭を痛ませそうです・・・
明日ダンボールが届いたら、家の中もすっかり渡米ムード一色になるでしょう。


ところで最近、ぐっすり熟睡できません・・・
「いつでも、どこでも、何時間でも、寝れる!!」のが特技だった私には、異常事態です
渡米準備によるストレスなのか、パソコンのやりすぎなのか、理由ははっきりわかりませんが、明け方に何度も目が覚めてしまうのは、やばい感じです・・・

せめて目の疲れはとっておこうと思い、こんなものを買ってみました~
アイマスク

袋から取り出すと、温かくなります。15分ぐらいもつかな?
私はカモミールジャーマンの香りのほうが好きでした
寝室にラベンダーのアロマオイルも焚いたし、今日はよく眠れると良いなぁ~~
おやすみなさい

ゲットだぜっ!!・・・・・たぶん

2009-01-26

今日、アメリカ領事館に行ってきました~~

ざっと流れはこんな感じです・・・
1、領事館前でパスポート、予約表のチェック。
  屋外で長時間待つこともあると聞いていたのでカイロ持参しましたが、二人しか並んでいませんでした
2、領事館の入り口でパソコン、i-pod、ケータイ等の電子機器類を預ける。
3、金属探知機をくぐる
4、VISAとかかれたバッジを胸につけてもらう
 
5、書類提出の窓口に並ぶ 
  窓口が4つ開いていたせいか、だれも並んでおらず拍子ぬけ
6、チェックを受けた書類を持って、面接窓口に並ぶ
  窓口は2つだけ開いていて、ひとつでは書類不備の日本人男性がトラブっていて、もう一つでは訛りのひどい英語で「オレ達は結婚してるんだ!!」と訴えているカップルがもめていた。(たぶん戸籍を入れていない様子)5~6組待っていたが、うんざりの表情だったから、だいぶ前からもめてたのかも・・・
7、面接
  「コンニチワ~オハヨございます~」と笑顔のナイスガイに日本語で優しく対応してもらいました。
  「J-VISAは英語力のチェックが必要なので、ここから英語ね~」とのことでしたが、主人の専門は何かという質問と、「息子さんにはいい経験になるね~」というおしゃべりだけで終了しました。

すべて含めても1時間もかかっていないので、とてもラッキーだったようです。しかも同じ市内だしね・・・(アメリカ領事館は札幌、東京、大阪、福岡にしかないようです・・・)

思ったよりもスムーズに事が進みましたが、あまりの緊張感でドッと疲れました~
でも、書類準備などの重責?からも解放され、一安心です

こんなときは、やっぱり「自分にごほうび
cakes_20090126182215.jpg



大阪でも有名なチョコレートショップのN亭は残念ながら定休日だったので、近所のMホテルのケーキを買って帰宅しました
ひとりで3つ食べるわけではありませんよ~~



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

しか子

Author:しか子
夫の研究留学に伴い2009年3月~シカゴで8才の息子と一緒にノリノリな生活を送っています。コメントお待ちしておりま~す!

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。